バングラデシュ人民共和国 

バングラディシュ 機織り 職人

ちょこっとお国紹介

バングラデシュは、インドの東側にある海に面した南アジアの国です。首都はダッカ。
人口は1億6千万人、世界で7番目に多いといわれています。

国の中心部をガンジス川が流れ、デルタ地帯が広がっています。
人口の4割ほどは、農業に従事し、主に米、ジュート、茶が生産されています。

かつては「黄金のベンガル」といわれていたそうです。
あたり一面、黄金色の稲穂がたなびいている景色が目に浮かびますね。

熱帯モンスーン気候で、乾季と雨季があります。乾季は暑く、雨季には涼しいときもあります。

国民の9割以上が、イスラム教徒ですが、ヒンズー教、仏教、キリスト教とも仲良く共存しているそうです。

ブロック

ここがすごいぞ、バングラデシュ

米の生産量がなんと、世界第4位だそうです!
もちろん、国民の主食は米!

出典:GLOBAL NOTE グローバルノート - 国際統計データ専門サイト

ちょっとおもしろ豆知識

バングラデシュとは、公用語ベンガル語で「ベンガル人の国」という意味です。
宗教が違っても、仲良く共存できているのは、同じ「ベンガル民族」である、という団結心が強いからなんですね。

ちょっとびっくり!

農村部の主な交通手段はボート!
国土の大部分をしめるデルタ地帯には、水路が張り巡らされていているそうです!!

ちょっと真面目な話

バングラデシュは、1971年に独立しました。
もともとは、インドの一部とされていたのが、パキスタンとして分離しそれからパキスタン東部ということで、バングラデシュへと独立しました。

ミニミニビジネス情報

豊富な人口と安価な労働力を利用して、多国籍製造業、繊維業もさかんです。
新興国として期待されておりNEXT11の一つになっています。

・進出日系企業
ユニクロ、グンゼ、ホンダ、YKKなど81社

・1人当たりGDP
1,970ドル (2019年度)

すごいぞ! JAPANとともに、プロジェクト

日本のODA支援により、多くの発電所建設事業が行われ、国のインフラ強化に力をいれています。

どんな国旗?

赤が昇る太陽、緑が豊かな大地を表しているそうです。
まるで、日本の国旗と色違いのように見えますね。
実は、初代大統領は、日本の「日の丸」を参考にしたそうです。

バングラディッシュ 黄金のベンガル 国際貢献 支援 ガロ族

プチ観光情報

世界遺産が3つもあります!

1.マングローブ地帯のシュンドルボン
2.バゲルハットのモスク都市
3.バハルプールの仏教寺院遺跡群

主なお土産

カラフルな手織物製品など