一村一品マーケットとは


開発途上国の産品を介して、その地の発展を応援する活動「一村一品マーケット」。
世界の村々に眠っているたくさんの逸品 を、作り手の夢や想いと共に、あなたへお届けします。

【一村一品マーケットって?】

一村一品マーケットとは、アジア・アフリカ・大洋州をはじめとする 開発途上国の特産品の展示・販売を介して、その地の発展を応援する活動です。 2005年WTO香港閣僚会議の際、日本政府が開発途上国支援策として発表した 「開発イニシアティブ」を受け、経済産業省と独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)の手によってスタートしました。

【一村一品マーケットが目指すもの】

目指しているのは、 特産品を介して、その地のものづくりが地域ぐるみで自立的かつ持続的に 国内のみならず世界の市場で通用するようになること。

途上国各地に眠っている“特産品候補”を発掘
→日本国内で展示・販売
→商品に触れたみなさまの声を現地の作り手にフィードバック
→現地の作り手が試行錯誤を繰り返し商品の質を向上
→より価値ある“特産品”として日本のみならず世界の市場に流通

このサイクルを通じて、現地の作り手とみなさまを繋ぎ、 共に商品やものづくりを大切に育てていくことで、 貧困撲滅など、途上国におけるSDGs の達成に貢献していきたいと考えています。

【一村一品マーケット 商品の特徴】

 現在(※)、販売している商品は54カ国313品目 。
 コーヒーや蜂蜜、チョコレートなどの加工食品から、ネックレス・イヤリングなどのアクセサリー、 部屋を彩るインテリア小物や雑貨、色鮮やかなハンディクラフトなどなど、 豊富なラインナップを取り揃えています!
  ハンドメイド品も多くあり、素材もデザインも形もサイズも実に様々で、 作り手の温もりが伝わってくるものばかり。
 その地の文化が色濃く現れているので、自国文化との違いや共通点など、 楽しい発見もありますよ! 個性豊かなたくさんの品々が、みなさまと会える日を楽しみに待っています。

【一村一品マーケットの活動】

日本の空の玄関口である成田と関西、2か所の国際空港にショップを開設しています。
そのほか、今みなさまがご覧になっている当Webサイト「一村一品マーケットonline」を始め、年間を通じて様々な場所に出向き、途上国産品の展示・販売を行っています。
活動のスケジュールやレポート は、FacebookInstagramで発信していますので、 ぜひご覧になってみてくださいね。

一村一品マーケットのSNSアカウント